葬儀社との相性は担当者で決まる

葬儀社にはいろいろなところがあります。天光社https://1000kaze.jp/もそのひとつですが、選び方としては担当者を見ることが大切です。天光社https://1000kaze.jp/でも顔写真付きで案内されていたりもしますが、相性があるでしょう。自分で何かおかしいと思った担当者は避けた方が無難です。なぜかといえば、不満があるから何かおかしいと思ったのですから、外すべきでしょう。自分が違和感を覚えるようなことは、葬儀の場面でも、参列者が思うはずです。そうなれば、恥をかくのは葬儀社ではなく、喪主になってしまいます。自分たちが損をするのですから、断ったほうがいいでしょう。

担当者の言葉遣いもチェックしておくと間違いがありません。葬儀社は祭壇を含めてさまざまな道具を貸し出しますが、ほとんどはサービスの提供に終始します。言葉遣いを見ておくのは、大事な参列者の方々がいらっしゃる場にふさわしいかどうかを判断するためです。言葉遣いがおかしいと思った担当者は、参列者の方々にも同じ言葉を使うかもしれません。これも問題視されるのは施主側です。葬儀社ではありませんので、十分な注意が必要です。どうして言葉遣いが正しくならないのかといえば、売上げでしか見ていない場合があります。葬儀をおこなうことになった喪主の気持ちは理解していないから、正しい言葉が出てこないのです。

相見積りで内容を吟味していても、対応が重要になってくるでしょう。さまざまな話をすることになりますが、担当者は自分たちの友達でも知り合いでもありません。距離感が適切なものになっているかどうかは、大変重要なポイントになってきます。あまりになれなれしい担当者も問題を起こすことになりますので、除外することがポイントです。

数社の見積もりから始めていくと、担当者の段階で1社になるか、2社になるか程度の状況でしょう。あとは、料金を重視するのか、それともサービスがしっかりしているほうにするか決めておくとスムーズに進められるようになります。